コーヒーにハマったきっかけ

 

今までは『コーヒーを飲む』という言葉からイメージされるのは、缶コーヒーやインスタントコーヒーの事で

当然、普段から缶コーヒーやインスタントのコーヒーばかりを飲んでいました。

そんな私が、コーヒー好きになったきっかけを話します。

今から10年位前の事です。

会社から少し離れたところに、古びた喫茶店を見つけ眠気覚ましにコーヒーでも飲もうと何気なしに入ってみました。

外観はお世辞にも綺麗とは言えない、昭和感丸出しの店構えです。

カウンターに座り、ホットコーヒーとアイスコーヒーぐらいしか知らない私は『ホットひとつ』とコーヒーを頼みました。

カウンター内の店主は、何も言わず数種類の中から豆を選び、大きなミルで豆を挽き、器用な手つきで

ネルドリップでコーヒーを立てて差し出しました。

そのときは、美味しいとか不味いとかの感覚はあまりなく、店を後にしたのですが、

再び訪れ『ホットひとつ』とオーダーした際に、マスターが「前回は少し強めにコーヒーを立てたので

今日は少し軽めにたててみたのでどちらが好みか教えて下さい」と一言。

強め? とか 軽め?とか言ってる意味がまるきっり理解できませんでした。

出されたコーヒーを口に運ぶと、前回のコーヒーと全体的な味わいは同じだけれど

口に入ってくるボリューム感というか、明らかな違いが感じられました。

店主に話を聞くと、前回は私が疲れているようだったので苦みの強い深煎りのスマトラを

やや細挽きでコーヒーを立てたそうです。

今回は同じスマトラを使い、粗挽きで抽出する湯の温度もやや低めにして立てたとの事。

そのときに始めて、コーヒー豆の焙煎の度合いや挽き方、抽出する温度によっても味わいが大きく変化する事を

教えて貰いました。

それからは、コーヒーが美味しく感じられるようになると同時に、コーヒーの奥深さに惹かれ

店主の進める豆を色々と試したり、各地の喫茶店をめぐったりと本当に多くのコーヒーを飲むようになりました。

今では自宅でも豆を挽き、ネルドリップでコーヒーを楽しんでいます。

疲れたときや食後には、ちょっと強めに立てたり、朝寝起きには軽めに立てたりと同じコーヒー豆でも

味わいの変化を楽しんでいますよ