池袋の穴場喫茶店の皇琲亭で琥珀の女王を楽しもう

3 池袋の穴場喫茶店、皇琲亭

池袋駅東口の喧噪から一本入った路地にたたずむ喫茶店が皇琲亭です。

池袋駅からのアクセスは東口の通りからヤマダ電機横の細い道を進んでいったところにあります。どっしりとした店構えに暗めの照明のひっそりとしたお店です。落ち着いて珈琲を味わうには最適の環境です。

一人でゆっくり静かにコーヒーを楽しみたいときや考え事をしたい時にぴったりのところがお気に入りの点です。禁煙席と喫煙席が分かれているのもありがたく、安心して利用できます。テーブル間のスペースも程よくとられていて混み合っていて隣が気にならずくつろげます。

炭火焙煎のコーヒーはとても香りがよく味わい深い一杯です。メニューも丁寧に書かれているのでお気に入りの一杯が見つかると思います。あまりコーヒーに詳しくなくても店員さんが丁寧に説明してくれますよ。

皇琲亭に行ったらいつも注文するおすすめのコーヒーは『アンブル・ドゥ・レーヌ』です。別名、琥珀の女王と呼ばれているコーヒーです。なかなか提供しているお店がなく珍しいかもしれません。グラスで出てきて見た目がおしゃれなカクテルのようです。

エバミルクが添えられて出てくるのですが、コーヒーの苦みと良く合う甘さがたまらない一杯です。このエバミルクですが、上にかけて混ぜずに飲むのが作法というのを最近知りました。ゆっくり飲むと最後まで綺麗に層になったまま最後まで飲むことができます。通の方は飲み方にもこだわってみては如何でしょうか。

ケーキもコーヒーの苦みと合う甘さ控えめのさっぱりしたものが多くおすすめです。季節限定のようですが『桜のチーズケーキ』がとても美味しかったです。

一品ごと使われている材料が丁寧に書かれているところにもお店のこだわりを感じます。